外国為替市場の不都合な真実

ヘッジファンド等のプロのお客さんや同僚のディーラーは、「専門家」の予想を全く聞いていません。メディアに流れている情報は想像と妄想、ねつ造と勘違いばかりです。なぜ皆さんは信じるのですか?

プロフィール

富田 公彦

Author:富田 公彦
中西けんじ参議院議員(自由民主党:神奈川県選挙区)秘書
元JPモルガン・チェース銀行為替資金本部副本部長
1980年東京大学経済学部卒
富士銀行入行(1986年退職)
以後、JPモルガン、モルガン・スタンレー、ステート・ストリートなど米系金融機関に通算26年勤務
2013年金融市場から引退
ケイマン籍ヘッジファンドの経営には失敗(^_^;)シマッタ

<著書>
「なぜ専門家の為替予想は外れるのか」
(経済評論家・山崎元氏の書評)

「為替ディーラーの常識非常識」(共著)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ

このディレクターが呼んでくる「専門家」ですから、、、

2016.02.09

category : トンデモ情報

どうでも良い話かもしれませんが、テレビ東京はこのおバカな為替のチャートをいつまで使うつもりでしょうね?
(為替は東京市場だけで完結!!)

明らかに変でしょ(爆笑)?

画面を見ていて気付かないディレクターって、一体何者なんでしょうね?

だから「変な専門家」がやってきて(呼んできて)、トンデモ解説やトンデモ予想を披露されても

「はい!お疲れ様でしたっ!!良かったですよ」

なんて、やってるんでしょうね(嗚呼)
スポンサーサイト

情報屋さんの情報を流す大手メディアって何?

2016.02.05

category : トンデモ情報

フィスコNYの平松さん

「アメリカ第4四半期の労働生産性が、、、新規失業保険申請者数が、、、で、リスク回避の円買いでドル円下落」

あれ?それは日本時間の10時半ですよね?
夕方4時過ぎからユーロが急騰して、その後から円もついていったんじゃないですか?
10時半には、もう117円を切ってましたよ。

マーケットを追いかけていないんで、何ででユーロが上がったのかは知りません。
が、私の目の前にある画面だと、10時半の時点ではもうユーロは上がりきっていて、指標になんか反応していない様にしか見えません。
(チャートはこちら)

ドル円はこんな感じですから、ユーロ高ドル安を見て、いそいそと後からついていっただけに見えます。
10時半の時点では随分下がっていますから、こんなもんで「リスク回避の円買いだ」などと言われても困っちゃいます。

以前にも指摘しましたが、フィスコと言うのは「情報屋さん」です。市場参加者ではありません。

金融機関に「何が起きたんですか?」と聞いて記事にするのが仕事です。私の会社にもよく電話してきて断られていましたが、、、

こんな2次情報をどうしてテレ東が流すんでしょうね?

私から「二度と電話してくるな!営業妨害だ!!」と怒られた方は、どうしてるんでしょうね?

もう、フィスコにはいないのかな?

2次情報(つまり噂話)ですからひどい内容ですが、さらにこう言う方に「予想」語らせると言うのは、一体どう言う意図なのでしょう?

同じ「市場外の人」の予想なら、私は「日経新聞の真っ当な記者」の方にお聞きしますが、、、、

中国はサービスが中心になって伸びてきた経済!?

2016.02.03

category : トンデモ情報

新生銀行の政井さん、

「中国と言うのは、サービスが中心となって伸びてきている経済ですから、、、」

えーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ!そんな馬鹿な!!!

一体どこからそんな話が出てきたんですか?

中国が「輸出と投資で伸びてきた経済」である事は、エコノミストでなくても常識です。

この「輸出と投資で成長するモデル」に限界が見えてきたので、今必死になって「消費が経済成長のけん引車となる」様に努力しています。


昨年の6月に政策投資銀行から、

中国経済の「投資から消費へ」の構造転換(日本政策投資銀行2015年6月18日)
と言うレポートが出ています。

その冒頭部分を要約すると

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
1.投資主導高成長の限界
 1-1 これまでは投資主導の高成長

中国経済の成長は、近年7%程度に減速し、いわゆる「新常態(ニューノーマル)」に入った。
ニューノーマルにおいては成長ベースの鈍化だけではなく、投資依存の成長から離脱し、消費の拡大ににより持続的な成長を実現するように成長モデルも変わろうとしている。これまでの中国経済成長の最大のエンジンは投資である。
(中略)
消費の割合が低いと言う事は、成長のポテンシャルがあると言う事でもある
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


さらに、この政策を推進しようとしている李克強首相は、11月の人民日報で「消費中心に変わるのは大変だ」と述べています。

中国経済、消費主導型への転換は痛み伴う道のりに─首相=人民日報
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
[北京 6日 ロイター] - 中国の李克強首相は、6日付の共産党機関紙・人民日報に掲載された文章の中で、中国経済を投資主導型から消費主導型に転換することは痛みを伴う困難な道のりになるとの認識を示した。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

つまり、みんなそろって

「これから消費主導型経済に変わるのだ」

と言っている訳です。

一体、どこをひっくり返して来たら、「サービスが中心になって伸びてきた経済」などと言えるんでしょうね?


この方は、

「52日移動平均線のサポートラインと、高値抵抗線で形成された三角持ち合いを下にブレイクした。従って、ドル円は下落する」

と言う、トンデモ・テクニカル分析を披露した方でもあります。もちろん外れました。


エコノミストやストラテジストは、「テクニカル分析によれば」などと言ったら失業しますので、口が裂けても言いません。
ましてや「中国がサービスで伸びてきた経済」などとは、あまりに非常識ですから逆立ちしても言いません。

ディーラーでもなく、エコノミストでもストラテジストもない方が、どうしてメディアに出て相場や経済を語るんでしょうね?
不思議で仕方がありません。

視聴者のみなさんが、「メディアに出ている人が言っているのだから、、、、」と信じてしまうのではないかと心配です。

ちゃんと議事録を読みましょうね(黒田ラインなんてありません)

2016.01.26

category : トンデモ情報

SMBC信託銀行プレスティアの尾河さん

「125円の黒田ラインが意識され、、、」

6月10日の衆院財務金融委員会の質疑の事ですね。

議事録をお読みになりましたか?

こちらが「公式の議事録」です。
国会の答弁と言うのは、この様に公式の議事録が作成されて残る非常に重たいものです。

前と後ろをかなり切ったのですが、まだ長いですね。
逆に言えば、延々と1時間以上議論をしていた中で出た発言なので、前後の文脈も重要だと言う事です。

++++++++++++++2015年6月10日 衆議院財政金融委員会+++++++++++
○前原委員 
それでは伺いますが、今の為替相場は日本のファンダメンタルズを反映しているとお考えなのかどうなのか、その辺についてお答えください。

○黒田参考人 
この点も、私が具体的に相場の水準について、ファンダメンタルズを反映している、あるいは反映していないというふうにお答えするのは差し控えたいと思いますが、為替相場の動きだけを過去ずっと追ってみますと、現在の水準というのは、リーマン・ショック前の水準にある意味で戻った。
ただ、リーマン・ショック前の水準が絶対的に正しい水準であるという根拠も別にあるわけではありませんので、リーマン・ショック後、急速に円高が進み、それがこの三年弱の間に是正をされたということではあると思います。

○前原委員 
図一の下の右のグラフをごらんいただきたいんですが、これは実質実効為替レートというものとドル・円を並べたものでありまして、今、黒田総裁がリーマン・ショック後とおっしゃいましたけれども、プラザ合意あたりからずっと、この実質実効為替レートとドル・円というものをグラフにしたものでございます。
 実効為替レートということは、下にも書いてございますけれども、特定の二通貨間の為替レートを見ているだけじゃなくて、相対的な通貨の実力をはかるための総合的な指標ということで、これは日銀のホームページからとらせていただいたものであります。

 理論的に実質実効為替レートというものを考えたときに、インフレ率が高い国の通貨はインフレ率が低い国の通貨よりも安くなるということでありますので、緩やかなインフレが続くアメリカと、そしてバブル崩壊後以降長引くデフレを長らく経験している日本を比較すると円高に振れるというのは仕方がないわけでありまして、言ってみれば、バブル崩壊後、茶色の折れ線グラフと青の折れ線グラフがある意味で乖離してきているというところの背景がそこにあるということであります。

 実質ということの意味においては、例えば同じ為替レートなら実質的に今のインフレ率というものを勘案すると円安になる、こういうことになるわけであります。

 この相対的な通貨の実力をはかるための総合指標ということを出させてもらったわけでありますが、この実質実効為替レートというものがある意味で一九八五年のプラザ合意前と同水準になったということについてどう評価するかというところの議論をさせていただきたいと思います。
 この点について、黒田総裁のお考えをお聞かせいただきたいと思います。

○黒田参考人 
これはなかなか難しい問題でありまして、委員御指摘のとおり、実質実効為替レートと申しますのは、二国間の為替レートでなくて、多国間のいろいろな通貨との関係を見た上で、普通は貿易ウエートでウエートづけしてやるものが実効為替レートであります。さらに、実質ということは、インフレ率の違いまで考慮したものでございます。

 したがいまして、ある意味でいいますと価格面で見た競争力みたいなもののようにも見えますし、他方では委員御指摘のように実力とも見えるかもしれませんが、いずれにせよ、この指標自体はIMF等が開発して広く使われている指標ではありますけれども、そのときそのときの為替の安定をどのように図るかという問題とか、あるいはそのときそのときの金融政策についてどういう政策をとるべきかということについては、やや迂遠な指標であるということは御理解をいただきたいと思います。

 その上で、確かに、実質実効為替レートで見ますと、今はかなりの円安の水準になっているということは事実でございます。

++++++++++++++++++++++++++

この前も長いですが、この後も延々と質疑が続きます。

これが黒田日銀総裁と民主党の前原議員のやりとりそのものです(一言一句間違っていません)。

辞書を引くと分かりますが、「迂遠(うえん)」とは

「まわりくどいさま。また、そのため、実際の用に向かないさま」

です。
つまり「黒田総裁は実質実効レートなんて役に立たない」と言っています。

ただ、前原議員がチャートを出していたので、「実質実効レートで見ると円安」に見える事を認めただけです。

このやりとりで為替相場が動いてしまったので、次の週の参議院財政金融委員会で、中西議員がこの様なやりとりをしました。

++++++++++2015年6月16日 参議院財政金融委員会++++++++++++++
○中西健治君 
この実質実効為替レートですけれども、これはよく使う人いるんです。使う人というのは、今は表面的には円高に見えるけれども本当は円安だ、だからこれ以上円は安くなっちゃいけない、こんなような円高論者がよく使う指標かなというふうに思います。

市場関係者の中では、エコノミストでは使う人はいますけれども、実際にディーリングを行う人たちは全く見ていないということですし、長期的なものを示すといっても、企業が長期の為替レートを推測するときにもこれは全く使われていないということなんじゃないかと思います。

その中で、この実質実効為替レートについての評価ですけれども、総裁は、迂遠なもの、金融政策を策定するに当たっては迂遠なものという評価をこの間はされていましたけれども、私自身は、もうこれは金融政策を検討する際には一顧だにしないものだということなんじゃないかと思いますが、どのようにお考えになっていらっしゃるでしょうか。

○参考人(黒田東彦君) 
これは日銀総裁としてというよりも、実はこの実質実効為替レートというものが最初に開発されたのがIMFで開発されたわけですね。その当時、私はIMFで勤務しておりましたので、それをめぐる議論とかその論文等を読んだことがあるわけです。

その後四十年ぐらいたって、委員御指摘のとおり、これから何かを読み取るとかするのは非常に難しいものであって、これはやはり、金融政策とかそういうものについては、これがすぐに何か役に立つとか言われても、それは役に立たない。非常に迂遠なものだし、先ほど申し上げたように、為替の動きを占う面でも直接的にこの含意がはっきりしているというものでもありませんので、そういう意味で、私は、理論的なものとしてあるけれども、金融政策との関係ではやっぱり非常に迂遠なものであると思いますが、

ただ、この理論を開発した人を私はたまたま知っておりますので、全く無意味だ、一顧だにするなと言われると、そこまで言う必要はないと思いますが、ただ、金融政策にこれが何か非常に深い意味があるとか縁があるとか、そういうことはないという意味では全く同意見であります。

○中西健治君 
質問を終わります。どうもありがとうございました。

+++++++++++++++++++++++++++++++
色々な修飾語が入っていますが、

「実質実効レートは、金融政策の役に立たない」

と言い切っている事が分かります。

この質疑の後、日銀の国会担当の方が、「真っ当な質疑をして頂いた」と非常に喜んでいました。

つまり、日銀内部では、6月10日の総裁の発言が「誤って」伝わった事自体が問題視されていたと言う事です。

金融市場に明るい中西議員のお陰で、それを「正しく修正する答弁が出来た」ので、総裁以下日銀の皆さんが大喜びした訳です。

中西議員も、前の週のアホな質疑で相場が動いた事に腹を立てていたので、きちんとした質疑が出来た事を喜んでいました。

黒田ラインなんて、いい加減な線を引かないで下さい。


ちなみに「この理論を開発した人を私はたまたま知っておりますので、一顧だにするなと言うと、」と黒田総裁が苦笑いしながら言ったので、委員会室全体が大爆笑となりました。

「一週間の間誤解され続けた後で、ようやく解放された」と言ううれしさが、全身からにじみ出ていましたので、、、

外国為替市場って24時間続いているんですが、、、

2016.01.22

category : トンデモ情報

月曜日は中西議員の予算委員会での質疑に加え、大雪対応もあったので朝のTVを見ていませんでした。

「どうせNYは休みだったんで、大した話はしていないだろう」と思いつつも録画を見ていたら、こんなトンデモ映像を見てしまいました。

おそらく東京外国為替市場の値動きだけを「1日」として、海外を一切無視してつないだんじゃないでしょうか?

こんなもので先週一週間の値動きを振り返ったって、、、、、

もしかしたら為替のディレクターがお休みだったんで、株式の担当の方が作ったんじゃないかと(爆笑)

ドル円一週間

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

Copyright ©外国為替市場の不都合な真実. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad