外国為替市場の不都合な真実

ヘッジファンド等のプロのお客さんや同僚のディーラーは、「専門家」の予想を全く聞いていません。メディアに流れている情報は想像と妄想、ねつ造と勘違いばかりです。なぜ皆さんは信じるのですか?

プロフィール

富田 公彦

Author:富田 公彦
中西けんじ参議院議員(自由民主党:神奈川県選挙区)秘書
元JPモルガン・チェース銀行為替資金本部副本部長
1980年東京大学経済学部卒
富士銀行入行(1986年退職)
以後、JPモルガン、モルガン・スタンレー、ステート・ストリートなど米系金融機関に通算26年勤務
2013年金融市場から引退
ケイマン籍ヘッジファンドの経営には失敗(^_^;)シマッタ

<著書>
「なぜ専門家の為替予想は外れるのか」
(経済評論家・山崎元氏の書評)

「為替ディーラーの常識非常識」(共著)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国経済に関して感じる事

2016.01.25

category : 雑談

私は中国経済の専門家でも、中国政治の専門家でもありません。

ただ、中国の改革開放路線以来の歩みを、一経済人として見続けて来ました。

最近、感じている事を書き留めておきます。昔話が多くなって恐縮ですが、、、

1)経済のかじ取り役の顔が見えない
中国の政治家で「経済」と言えば、鄧小平元国家主席を思い出す方も多いかと思われます。
確かに「改革開放路線」を明確に打ち出し、国家の方向性を変えた訳ですから当然でしょう。

ただ、私にとっては「朱鎔基首相」であり、「王岐山(政治局常務委員)氏」です。

中国の経済体制や経済構造、企業が、様々な矛盾を抱えている事は、当然分かっています。
それでも、この二人が「市場経済」の事を理解している点が、大きな安心感になっていました。

朱鎔基首相は、もはや過去の方です(おそらく90歳が近いでしょう)。
王岐山氏は健在ですが、今は腐敗撲滅運動の方に注力されている様で、経済面には全然出てきません。

今は誰がかじ取りをしているのか、一向に見えて来ません。
これは、中国の様な中央集権型の独裁国家においては、大変な不安材料です。

2)習近平国家主席は経済に興味がない?
習近平国家主席は、着実に権力を把握していると思います。

ただ、これまでの国家主席の様に「市場経済化」「民間部門の成長」を志向しているのか、若干不安があります。
と言うより、あまり「経済」に関する方向性が見えて来ません。

経済問題は二の次三の次ではないか?と言う疑念を市場関係者に持たれている様な気がします。

3)周小川中国人民銀行総裁が目立たなくなった
見識の高い方だと思います。
独立性のない中央銀行の総裁として、大変な苦労があると思います。それでも経済の発展に寄与してきたと思うのですが、最近ほとんど発言をお聞きする事がなくなりました。

政権の経済軽視路線の余波が及んでいる様にも見えます。
年齢的な事もあり、引退モードなのかもしれません。

以上、とりとめがないのですが「どうも経済重視じゃない」と言うところが、根本的なところで中国経済に対する不信感につながっている様に思われます。
スポンサーサイト

私の本の要約は、こちらを読めば十分です(苦笑)

2016.01.17

category : 雑談

0:52 - 2016年1月7日
時々「本に書いた通り」とツイートしていますが、お読みになっていらっしゃらない方は「何のこっちゃ?」かと思います。

経済評論家の山崎元氏が、見事に要約して下さっているのでご参照下さい。1512円節約出来ますよ。買っちゃった方ゴメンナサイm(__)m

第256回 推薦図書「なぜ専門家の為替予想は外れるのか」(富田公彦著、ぱる出版)

一目均衡表は「猿の基礎体温グラフ」ヾ(´▽`;)ゝ

2016.01.05

category : 雑談

8:25 - 2016年1月5日
昨日、「私は『外国為替市場で一目均衡表が有効(しかも週足)だ』として使って成功したプロに会った事がありません」とツイートしたところ、畏敬する経済評論家の山崎元氏から返信を頂きました。

「猿の基礎体温グラフ」だそうです ヾ(´▽`;)ゝ

+++++++コピペします++++++
Hajime Yamazaki /山崎元
@yamagen_jp
1月4日
株式市場でも似たようなものです。昔、某投信会社では「猿の基礎体温グラフ」と呼んでいました。RT

謹賀新年

2016.01.01

category : 雑談

5:18 - 2016年1月1日
謹んで新年のお祝いを申し上げます

昨年は、「なぜ専門家の為替予想は外れるのか」等と言う<売れるはずが無い本>を受け入れてくれる方が、予想をはるかに超えて多かった事に驚きました。

今年も、正しい事をお伝えする為に、書き切れなかった事や新たに気づいた事をツイートしていきます(^^)/

真面目にやってください

2015.12.25

category : 雑談

7:34 - 2015年12月25日
なぜ「専門家」がメディアで語る分析や予想に、いちいち噛みついているのか、もう少しご説明させて頂きます。

私は30歳の時に、本の中で紹介した「天才君」に出会いました。その瞬間から「才能が違う」「自分はマーケット・ディーラーとしては二流」と自覚し、カスタマー・ディーラーになりました。

カスタマー・ディーラーは、自らリスクをとる事を許されていません。しかも、お客さんがとったリスクに関して、「結果責任を負う」事が出来ません。
あんまりいい加減なサービス(情報や分析、プライシング)をしていると、出入り禁止になって、やがてクビになりますが、、、

ただ、結果責任を負えないからこそ、ひとりの個人としてベストを尽くしました。

毎朝4時に起きてNYに電話し、5時半には会社のデスクに座って情報の分析をしていました。土曜日の朝4時のNYとの電話が終わると一週間が終わると言う生活を、四半世紀以上続けていました。

この程度の事は、当たり前でしょう。間違った分析や情報を伝えると、お客さんの判断を誤らせる事になります。
しかも、私はその結果に責任をとらせてもらえませんから。

常に自分の専門的な能力を磨き、サービスの質を向上させ、お客さんから信頼してもらえて初めて一人前です
結果責任を負えないからこそ、自分の言動や発信する情報の内容に関して、強い責任感を持つべきだと思います。

この事は、相手が「取引のあるお客さん」であろうと、「メディアの向こうで、『専門家』の話だからと耳を傾けてくれている視聴者や読者」であっても同じはずです。

むしろ、市場に関する情報の少ない視聴者や読者に語る時は、より注意が必要だと思います。
それだけに、いい加減な事を語っているのを見ると不愉快です。

本の要約はこちら。本人よりよくまとめて下さっています(苦笑)

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

Copyright ©外国為替市場の不都合な真実. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。