外国為替市場の不都合な真実

ヘッジファンド等のプロのお客さんや同僚のディーラーは、「専門家」の予想を全く聞いていません。メディアに流れている情報は想像と妄想、ねつ造と勘違いばかりです。なぜ皆さんは信じるのですか?

プロフィール

富田 公彦

Author:富田 公彦
中西けんじ参議院議員(自由民主党:神奈川県選挙区)秘書
元JPモルガン・チェース銀行為替資金本部副本部長
1980年東京大学経済学部卒
富士銀行入行(1986年退職)
以後、JPモルガン、モルガン・スタンレー、ステート・ストリートなど米系金融機関に通算26年勤務
2013年金融市場から引退
ケイマン籍ヘッジファンドの経営には失敗(^_^;)シマッタ

<著書>
「なぜ専門家の為替予想は外れるのか」
(経済評論家・山崎元氏の書評)

「為替ディーラーの常識非常識」(共著)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トンデモ・テクニカル分析(続編)

2015.11.30

category : トンデモ予想

8:43 - 2015年11月30日
思い出しました。今日の「専門家」は、10月19日にトンデモ・テクニカル分析を披露した方だと思います(若干記憶が怪しいですが)。

偶然ですが、昨日その「10月19日の分析の検証」をツイートしましたので、こちら↓をご覧ください。

トンデモ・テクニカル分析

(続き)
スポンサーサイト

真面目にやって下さい。視聴者はリスクをとるんですよ!

2015.11.30

category : トンデモ予想

7:15 - 2015年11月30日
今日の「専門家」は、はっきり言って視聴者と言うか「個人投資家のみなさん」をなめていますね。プロとして真剣に市場に対峙しているみなさんに対しても、大変失礼です。

よくもまあ、恥ずかしくもなく、、、、

本音を代弁すると、こんな感じなんでしょうね。

「何を言っても突っ込まれる心配はないから、適当にお話しましょ。
なんで日曜日(NYからでした)の午後に、仕事(TV出演)しなきゃいけないんだよ。
会社の命令で宣伝の為に出てるから、仕方がないからしゃべるけどさ」

(続き)

トンデモ・テクニカル分析(やっぱり、、、)

2015.11.29

category : トンデモ情報

11:09 - 2015年11月29日
10月19日に「専門家がTVで語った『テクニカル分析によれば、ドル円は下がる』は完全に間違い。むしろ上放れする危険性に注意すべきだ」とツイートしました。

詳しくはこちら↓をご参照ください。結果はご存じの通りです。
(前回のツイート)
(続き)

お陰様で増刷になりました

2015.11.27

category : 雑談

20:16 - 2015年11月27日
「『なぜ専門家の為替予想は外れるのか』の第2刷を出す事になった」と言うご連絡を、たった今編集長から頂きました。

ご購入頂き有難う御座います。まさか、たった1か月半で増刷が掛かるとは夢にも思っていませんでした。
(アマゾンです)

ディーラーや投資家を馬鹿にしないで下さい

2015.11.27

category : トンデモ予想

18:42 - 2015年11月27日
今日の日経夕刊「プロはこう読む」はすごい!

「米利上げがあっても、125円に行くには日銀の追加緩和観測が高まる必要がある」

つまり、利上げがあっても上がらないと言う事ですね。で、

「市場はすでに利上げを織り込んでいるから、利上げ後は円買いになるので<円安進行は限定的>」

変な文章ですね。「円買いになる」なら「円安進行が限定的」じゃなくて、「円高ドル安」じゃないですか?

しかも、FOMCの日程が分かっているのに、その日までボケーッとドル円のロングを持っていて、利上げ後に慌てて売るんですか?

ディーラーってそんなにおバカですか?

「ドル調達コストが上がれば、機関投資家がヘッジ外しをするから、ドル円を買う」

つまり、フォワード・レートが広がって、ヘッジ・コストが上がるからヘッジを外すんですね。

本当ですか?

ヘッジ付外債投資のヘッジ外しを、今頃慌ててやるほど機関投資家もおバカですか?
(続き)

ちゃんとチャート見てますか?

2015.11.27

category : トンデモ情報

「来年、10年債利回りが2.5%まで上がるかどうかが、125円台を超えるかどうかのカギになる」

ありゃ。また10年債利回りを出してきちゃいましたか、、、

もう何度もツイートしている通りです。去年まで10年債利回りとドル円は「逆相関」でしたよ。反対に動いていたんですよ!!
6:15 - 2015年11月27日
(続き)

「専門家」はIMMがお好き

2015.11.27

category : トンデモ情報

またIMMのポジションですか。

え?投機筋はもうお腹いっぱいドルを買っているんで、これ以上買えないですって??

「たかがシカゴの小口投機家のポジションで、世界の投機筋の話をしてはいけません」
と言ってるでしょう。

ヘッジファンドの皆さんが笑いますよ。

「俺達はあんなところに行かないって」
6:12 - 2015年11月27日
(続き)

2年債利回りとドル円は離婚ですか?

2015.11.27

category : トンデモ情報

「12月の利上げが十分に織り込まれているので、ドルの上値が重くなった」

え?専門家の皆さんのお好きな2年債利回りは、11月に入ってぐんぐん上がってきていますよ。

「2年物は金利動向を反映する」
と言っているのに、なぜ上値が重いんですか?
(続き)

過去の歴史も勉強しましょうね

2015.11.26

category : トンデモ予想

7:30 - 2015年11月26日
蛇足ですが、95年~98年と言うと日本の金融危機です。

住専問題に始まり、長銀、日債銀、拓銀、山一証券、三洋証券などが事実上の倒産に追い込まれました。

その為、日本の金融機関の信用度が下がり、「ジャパン・プレミアム」と言うドル調達金利の上乗せチャージが発生しました。

当然ですが、フォワード・レートは開きました(数字が大きくなる)。

また「日本不安=日本売り=円安」と言う想像で、投機的に円売りを仕掛けた市場参加者もいました。

さらに95年4月に、当時の円の最高値79円75銭まで突っ込みすぎた反動もあったでしょうね。

そんな色々なものが重なり合った事が、80円から150円近くまでの急激な円安を引き起こしたはずですよ。

さらに言うと、今度は円を売り過ぎた反動で、その後のアジア通貨危機の時に「2日で20円」と言うとんでもないドル円の暴落もありましたよね。

あの<暴落の前>に、「フォワード・レートが急激に縮んで(数字が小さくなって)、ドル円の急落を示唆して」いたんですか?

そんな記憶はありませんが、、、

え、「レートはちゃんと縮んでる」ですって?
だから、言ったでしょ。スポットが下がれば自動的に縮みますよって
(続き)

未経験者が相場を語ると、、、

2015.11.26

category : トンデモ予想

6:40 - 2015年11月26日
95年~98年のドル円と3カ月物スワップのチャートですか。よく持ってきましたね。

で「当時相関性があったから、今度もドル高」と言うのですか?

それは変ですよ。

本にも書きましたが「相関性」で相場を語るのは、根本的に間違っています。
まともにリスクをとった事があれば、言えない言葉です。

それ以前の問題ですが、この方はフォワード市場にいたことが無いですね(素人です)。

簡単に言うと、フォワード・レートは、現在のスポット・レートX金利差と言う形で計算されます。

95年から98年と言うのは、80円から150円ぐらいまでドル円が上昇しました。
(続き)

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

Copyright ©外国為替市場の不都合な真実. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。