外国為替市場の不都合な真実

ヘッジファンド等のプロのお客さんや同僚のディーラーは、「専門家」の予想を全く聞いていません。メディアに流れている情報は想像と妄想、ねつ造と勘違いばかりです。なぜ皆さんは信じるのですか?

プロフィール

富田 公彦

Author:富田 公彦
中西けんじ参議院議員(自由民主党:神奈川県選挙区)秘書
元JPモルガン・チェース銀行為替資金本部副本部長
1980年東京大学経済学部卒
富士銀行入行(1986年退職)
以後、JPモルガン、モルガン・スタンレー、ステート・ストリートなど米系金融機関に通算26年勤務
2013年金融市場から引退
ケイマン籍ヘッジファンドの経営には失敗(^_^;)シマッタ

<著書>
「なぜ専門家の為替予想は外れるのか」
(経済評論家・山崎元氏の書評)

「為替ディーラーの常識非常識」(共著)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ

笑い事じゃないですよ!

2015.12.28

category : トンデモ予想

7:58 - 2015年12月28日
FPG証券の深谷さん
(アナ)   「1年前の予想とその結果のチャートだ。これを見た評価は?」
(深谷さん)「タイミングはダメだったが、レンジはほぼ当たった」

深谷さんの予想2015年

え?このチャートのどこが当たっているんですか?年初にドル円をショートにしたら5月にアウトですよ?

気を取り直して、6月にロングにしたら、逆に8月でアウトです。そんな長いポジションを持つとは思いませんが、少なくとも完全にタイミングと方向性を間違っています。

この方は、自分で相場を張った事がないですね。本に書いた通りです。1年以内の中・短期勝負では、

「タイミングがすべて」と言っても過言ではありません。

この方の1年前の予想を信じてリスクをとったならば、夏には退場処分になっています。つまり、完全な外れです。

レンジは、後から分かるものです。リスクをとっている最中には、何の意味もありません。

だから、視聴者や読者相手に、こんなものを出してはいけないと言っているんです。

2016年の予想を出していますが、信じる人が出てきたらどう責任をとるつもりでしょう?

深谷さん予想2016年

「会社の宣伝」と割り切らないとできませんね。

我々は相場を語る時に、この方の様にヘラヘラと笑う事は絶対にしませんでした。相手はリスクをとっています。笑い事ではありません。弾が飛んできている前線で、笑う人はいません。

「外れた」と言って笑うのは、リスクをとらない「専門家」の特権でしょうか?

少なくとも、野村NYの方(株のストラテジストですね)の様に、「セクターを完全に読み違えた。申し訳ない」と言うのが常識だと思います。

12/26のツイートまとめ

2015.12.27

category : 未分類

kt8000171

@HirokiSchmooze それ以前の問題として、来年は選挙の年ですから色々と忙しくなると思います。私は政策担当なので、これまでポスターを張ったり、チラシを配ったり、地元の方のお世話をしたりと言った活動をした事がありません。ただ、間違いなく慌ただしくなりますから、、、
12-26 05:43

@HirokiSchmooze うーん、当面予定はないですね。まず、財政や金融に関する問題は、中西議員が財政金融委員会に所属しているので、麻生大臣や黒田総裁に直接ぶつける事が出来ます。それ以外の事は予算委員会で取り上げるので、ほとんどの問題意識は国会で消化されていますね。
12-26 05:36

@HirokiSchmooze はい。議事堂の裏にある参議院議員会館にいます。引退後は何もしていなかったのですが、JPモルガン時代の同僚だった中西けんじ議員に引っぱりだされました。ちなみに、彼が債券で私が為替です。エアコンは7時にならないと動かないので、冬は寒く夏は暑いですね
12-26 05:22

真面目にやってください

2015.12.25

category : 雑談

7:34 - 2015年12月25日
なぜ「専門家」がメディアで語る分析や予想に、いちいち噛みついているのか、もう少しご説明させて頂きます。

私は30歳の時に、本の中で紹介した「天才君」に出会いました。その瞬間から「才能が違う」「自分はマーケット・ディーラーとしては二流」と自覚し、カスタマー・ディーラーになりました。

カスタマー・ディーラーは、自らリスクをとる事を許されていません。しかも、お客さんがとったリスクに関して、「結果責任を負う」事が出来ません。
あんまりいい加減なサービス(情報や分析、プライシング)をしていると、出入り禁止になって、やがてクビになりますが、、、

ただ、結果責任を負えないからこそ、ひとりの個人としてベストを尽くしました。

毎朝4時に起きてNYに電話し、5時半には会社のデスクに座って情報の分析をしていました。土曜日の朝4時のNYとの電話が終わると一週間が終わると言う生活を、四半世紀以上続けていました。

この程度の事は、当たり前でしょう。間違った分析や情報を伝えると、お客さんの判断を誤らせる事になります。
しかも、私はその結果に責任をとらせてもらえませんから。

常に自分の専門的な能力を磨き、サービスの質を向上させ、お客さんから信頼してもらえて初めて一人前です
結果責任を負えないからこそ、自分の言動や発信する情報の内容に関して、強い責任感を持つべきだと思います。

この事は、相手が「取引のあるお客さん」であろうと、「メディアの向こうで、『専門家』の話だからと耳を傾けてくれている視聴者や読者」であっても同じはずです。

むしろ、市場に関する情報の少ない視聴者や読者に語る時は、より注意が必要だと思います。
それだけに、いい加減な事を語っているのを見ると不愉快です。

本の要約はこちら。本人よりよくまとめて下さっています(苦笑)

後講釈で相場は張れません

2015.12.25

category : トンデモ情報

6:20 - 2015年12月25日
(専門家)「今後も原油や株価の動向に左右される展開となるので要注意」

質問!
原油が下がった時は、円買いですか円売りですか?
円が買われた時もありますが、円が売られた時もありますよ。長期で見ると原油安はドル高ですが、、

同じく株価はどうですか?
こちらも、両サイドありましたね。

日中に売買をしてクローズするか、長くても一週間程度しかポジションを持たない場合、この様な分析(なんて呼んだら、恥ずかしいもの)は役に立ちません。

「専門家」の言う「左右される」とは、「原油や株価の動向で後講釈します」と言う意味だとご記憶下さい。

間違っても、原油や株価、金利なんかを横目で見ながら売買をしないで下さいね。

「ヘッジファンドがどうのこうの」なんて言うのにも、引っかからないで下さいね。語っているご本人は、ヘッジファンドと取引をした事もなければやった事もありません。ただの妄想です。

コロコロ分析や予想を変えるのはやめませんか?

2015.12.24

category : トンデモ予想

8:18 - 2015年12月24日
「今日の『専門家』の予想・分析はおかしい」

などと、連日グダグダとツイートしている理由は、皆さんに損をして欲しくないからです。

「FXはやらない方が良いですよ」

と言う趣旨の本を書きましたが、やめられない方がいらっしゃるのは承知の上です。
まあ、私のお酒と似たようなものでしょう。

そこで「損につながる要素」を指摘して、皆さんの情報の集積から排除する事にしました

例えば

「『原油安で円高ドル安』はおかしい」

と再三指摘しました。

以前ツイートした通り、長期的には原油安の時にはドル高傾向です。

たった1度や2度の動きから、因果関係をねつ造するのは誤りです。

そもそも、短期のディーラーは、原油価格など見ていません。金利も見ていません。

「専門家」の皆さんが、後から見ているだけです(笑)

さて、昨日は原油価格が36ドルから38ドル近くまで、1日で5%も急騰しました。

ならば「原油安で円高」の反対ですから円安ですよね?

しかし、実際にはジワリと円高でした。

今日は以前

「原油安で円高になった」

と語った「専門家」が登場したので、何と言うのかな と聞いていたら、

「上値の重い展開でした」

だけです。こんなふざけた話はありません。

ご自分の語った「原油安は円高」と言う分析を信じた視聴者(投機家)がいて、昨日の原油の急騰を見て「今度は円安だ!」と賭けていたら、何と言い訳をするのでしょう?

(アナ)  「今後の注目点は」
(専門家)「期待インフレ率が下がっている事に注目する。実質金利が高くなっているので円高になる」

あれ?「ドル金利堅調で、ドル高」と仰っていませんでしたっけ?

おそらく私の記憶違いなんででしょうね。歳はとりたくないですね(^_^;)

引退後は「予想」に関する発言は控えているのですが、「期待インフレ率」を持ち出されたので文句を言いたくなってしまいました。

<以下、真っ当な情報のループに入っていない、引退したおっさんのたわごとです>

私は逆だと考えます。期待インフレ率があまりに下がると、黒田総裁の顔が浮かんでくるからです。
どうしても「日銀の追加緩和」が、意識に上ってくるからです。

黒田総裁が「期待」を強く意識して政策運営をしている事は、真っ当なエコノミストやストラテジストならば常識だと思います(聞いていませんが)。

いずれにせよ、四半世紀以上外国為替市場に棲みついていましたが、

「実質金利が高い通貨が買われる」

などと考えている投資家や、ヘッジファンドなどの運用者にお会いした事は一度もありませんでしたよ。

ましてやスポット・ディーラーなんて「実質金利って何?」でした(笑)

ちなみに、一昨日から昨日にかけては、アメリカの2年債利回りがかなり上昇しましたが、ドルは上がっていません。
クリスマス前の2年物金利

「金利で売買する専門家」はどう説明するんでしょう?金利ディーラーは働いて、為替だけクリスマス休暇かな?

12/23のツイートまとめ

2015.12.24

category : 未分類

kt8000171

@ogurifutoshi おかげで1月2日から働かされていました(^_^;) タマラン
12-23 08:02

@ogurifutoshi 日本の様な年末年始と言った感覚はありません。ましてや「御用納め」なんて(笑)。日本が年末年始モードに入っている時に、彼らは通常モードで市場に突っ込んできますよ。
12-23 07:59

@ogurifutoshi 私の経験では<日本人にとって怖い>のは、26日から7日頃ですね。クリスマスまで休養していた海外の連中が、一斉に戻って来ます。大半の金融機関とヘッジファンドが12月決算ですから、さらに年明け2日からは要注意です1月1日は「単なる1日の休日」ですね。
12-23 07:57

「テクニカル」は、便利な目くらまし用語です

2015.12.22

category : トンデモ予想

6:34 - 2015年12月22日
新生銀行の政井さん、
「為替が専門」「的確な為替予想」と紹介されていたのですが、全く内容がなく呆れてしまいました。

「テクニカル」と言う言葉を、わずか2分程の間に3回も使いました。
しかし、この「テクニカル」が何を意味しているのか意味不明です。

こんなチャートを出してきて、「大きな陰線が出ました。ああだこうだ」と全く意味不明です。
100日と200日の移動平均線、その交差に意味があったと言う記憶はありません。

政井さん

要するに「テクニカル」と言う単語で目くらましをして、発言時間をつぶしただけです。

この方は、以前にも「52週移動平均線」と、「1か月前ぐらいの上値と、前日の高値を結んだ直線(上値抵抗線らしいです)」で三角形を作り、

「三角持ち合いです。これを下に切れたのでドル安です」

と言う奇妙なテクニカル分析を披露していました。

まじめにテクニカル分析で為替相場と戦っている人が見たら、ビックリしてひっくり返るのではないでしょうか?
結果論ですが、その後ドル円は上昇基調をたどり125円台をつけました。

そもそもストラテジストやエコノミストは、絶対に「テクニカル的に」とは言いません。

「あく抜け感が出れば」
「政策当局の本気度が試される」
「金融政策の不透明感が払しょくされれば」
「金融緩和補完策の理解が難しい。評価が定まっていない。24日の記者会見に注目したい」

と、何やらもっともらしい言葉が並んでいますが、これではキャスターと同じレベルです。

私には「為替の専門家」にも「マクロ経済の専門家」にも見えません。こんな方を「専門家」と称して登場させるメディアの見識を疑いたくなります。

ディーラーでも、ストラテジストでも、エコノミストでもない、メディアにとって便利な方なのではないでしょうか?

そう言えば「〇〇銀行の××さん、為替が専門、的確な予想」だけで、どの部門のどういう立場の方か紹介がありませんでした。

東短リサーチの加藤さん、野村総研の井上さん、JPモルガンの菅野さん、バークレイズ証券の北野さんなどなど本物が出た時だけ話を聞いてください。

日中のドタバタには役に立ちませんが、ファンダメンタルズを正しく理解する事は、投資家やヘッジファンドなどと同様の投資(投機)をするには必要不可欠です。

それにしても、どうして出演者が、こんなに玉石混交になるんでしょうね?

日経夕刊の悲惨な市況欄

2015.12.22

category : トンデモ情報

16:40 - 2015年12月21日
日経夕刊の市況欄
「18日の日銀による量的・質的金融緩和の補完策の発表直後に緩和強化と受け止めて円を売った投資家から、買い戻しも入っている」

金曜日の昼から今日まで、ボケーッとポジションを抱えていたアホな投資家って誰でしょうね?
こう言うおバカな作文は絶対にやめるべきです。

「原油安と株安で、、、」も作り話です。

FRBの利上げ翌日に、株価が下がったのにドルは上がりましたよ。つまり、この欄全部が妄想の産物です。

いつまで、こんな「見て来た様なウソ」を書くんでしょうか?FTの記者に笑われますよヾ(´▽`;)ゝ

+++++++++
HirokiDreamDragon ‏@HirokiSchmooze 2015年12月21日
@kt8000171 富田さんだったら、それをどういう風に書き直しますか?_φ(・_・_φ

富田公彦Kimihiko Tomita ‏@kt8000171 2015年12月22日
@HirokiSchmooze もう現役じゃありませんから((^┰^))ゞ
ただ夕刊の締め切りは、午後1時頃です。朝から午後1時までの間、ほとんど動いていませんから「動きはありませんでした」でしょうね。身もふたもない話ですが、いい加減な作り話で変な相場観を誘うより良いと思います。

HirokiDreamDragon ‏@HirokiSchmooze 2015年12月23日
@kt8000171 Thank you for your smileys.

投資家の事を知らずに投資家の行動など予想出来ません

2015.12.21

category : トンデモ予想

今朝の「専門家」の為替に関するコメントに値しないのでパスします。ただ、その後の株式市場と絡めた話はひどすぎます。

(アナ) 「今後の注目点は」
(専門家)「年末までの資本フロー。株のポジションが積み上がっており、年末にかけて利益確定の売りが出る。従って、ドル円の頭も重くなる」

一体、誰が「今頃になって、年末までに利益確定の株売り」をするんでしょうね?

海外の投資家に12月決算が多い事は、間違いありません。

しかし「時価評価」をすれば済む事です。本にも書きましたが「決算の為に売買する」とは、金融業界の人間の言う事ではありません。

投資家だけではなくヘッジファンドなどの投機家・資産運用者も、ポートフォリオを非常に大事にします。

単に時価評価をすれば済むのに、苦労して作ったポートフォリオを「決算だから」等と崩す事はあり得ません。
実現損益で決算をしていたのは、20年以上前の話です。

「決算がらみで投資家が、実際に売買する姿」を知っているのは、少なくとも私の同世代かさらに上、つまり55歳以上の人です。
へんてこりんな取引をするんで、面白かったですが、、、

投資家が、「会計基準がバカなんですね」等と言いながら、やっていた事を覚えています。

今のの時代に、「決算がらみで、株の売りが出る」などとは、「現場を見たことがないから言える事」です。

繰り返します。今は「時価会計」「時価評価」の時代です。投資や投機に限らず、決算がらみで取引を行なう事はありません。

従って、今朝の「専門家」の株式に関するコメントは誤りです。

「年末までの資本フローが、ドル円の頭を抑える」って、まさか「日本の投資家が海外株を売って円に戻すからじゃないですよね?」

大半の日本の投資家の決算は3月です。営業日で後数日しかない12月末を意識して、今頃売買する方を見た事はありません。

百歩譲って、年明け頃から2月一杯ぐらいまでの間、決算をブラさない為の取引をする方はいらっしゃいましたが、、、、

いずれにせよ、今頃になって「年末を気にして売買する投資家やヘッジファンドなどの投機家」はいません。ベストのタイミングで売買をするだけです。

そもそも今朝の「専門家」は、株式市場の専門家ではないはずです。あまりに無責任ではないでしょうか?

毎日新聞の誤報

2015.12.20

category : お役立ち?情報

大阪の知人が教えてくれました。
世紀の誤報!とまでは言いませんが、ヘッドラインに反応するディーラーを「引っ掛ける」のには十分な誤報です。

ちなみに、今の日経の日銀詰めの皆さんは優秀ですから、公表文だけでここまで正確に報じています。

続きはこちら↓で、、

https://t.co/p3cw4jYqoz
12-20 05:55

PrevPage |  to Blog Top  | NextPage
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

Copyright ©外国為替市場の不都合な真実. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad