外国為替市場の不都合な真実

ヘッジファンド等のプロのお客さんや同僚のディーラーは、「専門家」の予想を全く聞いていません。メディアに流れている情報は想像と妄想、ねつ造と勘違いばかりです。なぜ皆さんは信じるのですか?

プロフィール

富田 公彦

Author:富田 公彦
中西けんじ参議院議員(自由民主党:神奈川県選挙区)秘書
元JPモルガン・チェース銀行為替資金本部副本部長
1980年東京大学経済学部卒
富士銀行入行(1986年退職)
以後、JPモルガン、モルガン・スタンレー、ステート・ストリートなど米系金融機関に通算26年勤務
2013年金融市場から引退
ケイマン籍ヘッジファンドの経営には失敗(^_^;)シマッタ

<著書>
「なぜ専門家の為替予想は外れるのか」
(経済評論家・山崎元氏の書評)

「為替ディーラーの常識非常識」(共著)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タカのハト派発言、ハトのタカ派発言にご注意を

2016.01.30

category : お役立ち?情報

「人間が犬に噛み付かないとニュースじゃない」

と言われますが、相場の世界でも

「タカ派が、金融緩和に前向きの発言をした」

のでなければ、目先の材料にはなりません。


この事が分かっていないと、

「◯◯連銀総裁が、利上げに前向きの発言をした」

と言うニュースを見てドルを買って

「あれ?何で買われないんだろう??みんなどうしたの?」

と言う事になってしまいます。

この件は以前ツイートしたのですが、「誰がタカ派かハト派か、一目で分かるチャート」をお持ちの方は多くない様ですね(債券のディーラーやエコノミストの必需品です。真っ当な為替ディーラーも、、、)。

そこでJPモルガンとブルームバーグのエコノミストが「仕分け」してくれたものを、1つの表にしてみました。プリントアウトして持っておかれると良いかと思います。

(タカ派ハト派チャート)

1)大事なのはFOMCの議決権の有無
タカ派かハト派かの次に大事なのは、

「今年のFOMCで議決権があるか」

と言う事です。「無いからダメ」とは言いませんが、やはり影響力は落ちます。
チャートでは、名前の後ろに(*)をつけて「ピンク色」の背景にしてあります。

議長、副議長、理事、NY連銀総裁は、常に議決権を持っていますが、残りは各連銀総裁で「持ち回り」ですので年が変わった時には注意が必要ですね。


2)評価が分かれたのは就任から日が浅いからです
「黄色」の背景のお二人は、JPモルガンとブルームバーグとで「「ハトとタカ」に評価が分かれました。

ただ、カプラン・ダラス連銀総裁は昨年の9月、ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁は昨年の7月に総裁に就任したばかりなので、まだ評価が難しいと言う事です。

カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁に至っては、今年の1月1日付で就任ですから、、、、

それでも、JPモルガンは「これまでの公的発言に関して、すべてタカ派色が強かった」として、「タカ派」に分類しています。


3)去年から今年で「評価が変わった」のは、、、
<JPモルガン>
*ローゼングレン・ボストン連銀(ハト派→準ハト派)
 JPモルガンは、ローゼングレン・ボストン連銀総裁を、去年までは「ハト派」に入れていました。
ただ直近では「長期に渡る低金利が、金融市場に及ぼすリスク」と言うテーマにも触れており、「ハト派色が薄くなった」として「準ハト派」に変更です。

*カプラン・ダラス連銀総裁(タカ派→準タカ派)
*ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁(タカ派→準タカ派)
 タカ派から若干姿勢が柔らかくなったと言う評価です。ただ、「準ハト派」としているブルームバーグとは、評価に差がありますね。

<ブルームバーグ>
*ダドリー・NY連銀総裁(ハト派→準ハト派)
*ブレイナード理事(準ハト派→ハト派)
 これで、JPモルガンとブルームバーグの評価が一致しました。


いずれにせよ、JPモルガンとブルームバーグ、また他の有力なアメリカの金融機関のFEDウォッチャーの間での評価は、この表と大差ありません。

スポンサーサイト

日銀の超過準備への付利引き下げに関する国会での議論

2016.01.29

category : お役立ち?情報

1月18日(月)の参議院予算委員会での、中西けんじ議員と黒田日銀総裁との質疑です(公式の議事録)。

「付利引き下げは検討していない」と言う答弁です。

ただ、「大量のマネタリーベースを円滑に供給することに資するものである」と言う考え方は、本末転倒だと思います。

「利息をつけないと、銀行が国債を買ってくれないんで、マネタリーベース目標が達成できなくなるもんで、、、」と言っている事になりますから、、、、

目標はあくまで2%の物価の上昇であって、マネタリーベースそのものではありません。

ただ

「マネタリーベースの増加に寄与すると言う事で付利していたが、やっぱり本質論から外れるのでゼロにする」

と言う超高等戦術もありかも、、、、まさか

+++++++++++++++2016年1月18日 参議院予算委員会++++++++++++++

○中西健治君
 デフレは人々の気持ちや考え方にも影響を及ぼす萎縮作用が大きいですから、デフレスパイラルに陥らないように、是非金融緩和というのは強めてもらいたいと私は思っております。

 その中で一点、金融緩和の具体的手段についてお聞きしたいと思います。

 日銀の量的・質的緩和は、引き続き国債やETF、REITの購入等が実行されていくというものだと思いますが、金融緩和策の本丸といえば金利ということになりますが、金利の中で温存されているカードが一枚あります。

それは何かというと、銀行などが日銀に預けている超過準備に対して付けている金利です。これが0.1%付けられているということですけれども、これはゼロにするか引き下げる、このカードをそろそろ切るべきなんじゃないでしょうか。

○参考人(黒田東彦君)
 御案内のとおり、日本銀行はこの量的・質的金融緩和の下でマネタリーベースを年間約八十兆円に相当するペースで増加するような金融市場調節を行っておりまして、これらは所期の効果を発揮しているというふうに考えております。


 御指摘の日銀当座預金への付利、これはこうした大量のマネタリーベースを円滑に供給することに資するものであるというふうに考えておりまして、いわゆる付利金利の引下げということについては検討はいたしておりません。

○中西健治君
マネタリーベースを上げるということが至上命題ではなくて、物価安定化目標を達成するということですから、それに向けては、この金利の引下げということもやはりちゅうちょせずに考えていただきたいと私は思います。

べき論予想の恐怖

2016.01.28

category : トンデモ予想

野村證券の池田さんは、先日「円安派」としてテレビに登場していました。

(円高派佐々木(JPモルガン・チェース)Vs.円安派池田(野村證券)

このブログで、

+++++++++++++
池田さん 「議論がしたかった。有益だった!」

無意味な議論です。スポーツをやっている訳ではありません。

視聴者や顧客がリスクを取る話です。

ストラテジストはリスクを取らないとは言っても、予想を出すからには、当てないと「有益」などとは言えません。
++++++++++++++

と批判したのは、「べき論」予想の危険性を強く感じたからです。

その予感は間違っていませんでした。

つい2週間ほど前に「2016年末 135円」と出したばかりなので、引っ込みがつかない様です。

一旦予想を出した後でも、その後の状況の変化に柔軟に対応して、「当たる予想」を目指すべきだと思いますが、、、
(そもそもこんな長期予想は出すべきではありませんが)

(2015年末予想の結果と2016年末の予想)

昨日発表のFOMC声明文に関しては、一言「ハト派的」と言っただけでオシマイ。ドル高円安派としては、「タカ派的」でないと都合が悪いからですね。

後はひたすら

「どうすればドル高円安になるか」

と言う話に終始しました。

典型的な「べき論」予想です。

「明日日銀の追加緩和があれば、120円を超え130円に向かう。無ければ115円~120円のレンジに留まる」

何の意味もない発言です。

昨日、ソシエテ・ジェネラル銀行の鈴木さんがまとめていた様に、ECBの予告緩和が発表になった事で、その後のFOMC、さらには日銀の政策決定会合と言う連続が強く意識される様になっています。

従って、ストラテジストは、

「FOMCの声明文が発表された現時点で、日銀の追加緩和の可能性に変化が出たのかどうか」

について、ご自分の見解・分析を明確に示すのが今朝の重要な仕事だったはずです。

<おまけ>
「原油価格の上昇が、ドル円の上昇につながる」

とおっしゃいましたが、私が知る限りでは

「長期的には原油価格とドルは逆相関、または相関関係は無い」

と言うのが、原油の世界のプロの常識です。

ちなみに、私は現役時代に、「原油価格が〇〇なので、ドルは、、、」と語った記憶はありません。
知らない市場と為替との「因果関係」なんて、怖くて語れませんでしたから、、、

これなら毎日電話してお話を、、、

2016.01.27

category : 真っ当な予想・分析

ソシエテ・ジェネラル銀行の鈴木さん
久々に真っ当な分析と解説、それにちょっぴり予想(注意点)をお聞きしました。

(アナウンサー)「昨日の相場は?」
(鈴木さん)  「上海株が、原油が、、、ああだこうだ」

要するに、「よく分からない」と言う事です。

一応メディアに出ているので「分からない」とは言いにくいので、ゴニョゴニョおっしゃっていましたね。
でも、変なへ理屈を引っ張り出して来て、分かった様な解説をするより正しい姿勢だと思います。

そのトンデモ分析が、聞いてしまった方の相場観を狂わせる可能性がありますから、、、

(アナウンサー)「今日は?」
(鈴木さん)  「FOMCの声明が控えており、東京、欧州は様子見で動かない」

現時点では、これ以上の事を言ったらウソつきになってしまいます。
おそらく前線でリスクをとったか、厳しいお客さんと対峙した事がある方ですね。

この後は、先日のECBの予告ホームランじゃなかった予告緩和が出た事で、日銀とFRBの出方に「より注目が集まっている」事を簡潔に整理して説明していました。

おそらく市場関係者にとっては当たり前かもしれませんが、視聴者の方の頭の整理の為にまとめて示しておくことは有益だと思います。

次の「FRBの利上げの織り込み度の変化」も、プロの間では常識でしょう(引退したオッサンでも知っていますから)。

ただ、きちんとこう言う形で示す事は、視聴者のみなさんにとって親切だと思います。

「ここまで利上げ期待が下がっている場合、今後のアメリカの経済指標が好転するとポジティブ・サプライズでドルが買われる要因になる」

はい。おっしゃる通りです。経済指標は、依然としてマチマチですので、可能性として頭の中に入れておくべき事だと思います。


メディアは、こう言う解説や分析をしてもらう為に「専門家」を呼んでいるはずだと、、、、

ちゃんと議事録を読みましょうね(黒田ラインなんてありません)

2016.01.26

category : トンデモ情報

SMBC信託銀行プレスティアの尾河さん

「125円の黒田ラインが意識され、、、」

6月10日の衆院財務金融委員会の質疑の事ですね。

議事録をお読みになりましたか?

こちらが「公式の議事録」です。
国会の答弁と言うのは、この様に公式の議事録が作成されて残る非常に重たいものです。

前と後ろをかなり切ったのですが、まだ長いですね。
逆に言えば、延々と1時間以上議論をしていた中で出た発言なので、前後の文脈も重要だと言う事です。

++++++++++++++2015年6月10日 衆議院財政金融委員会+++++++++++
○前原委員 
それでは伺いますが、今の為替相場は日本のファンダメンタルズを反映しているとお考えなのかどうなのか、その辺についてお答えください。

○黒田参考人 
この点も、私が具体的に相場の水準について、ファンダメンタルズを反映している、あるいは反映していないというふうにお答えするのは差し控えたいと思いますが、為替相場の動きだけを過去ずっと追ってみますと、現在の水準というのは、リーマン・ショック前の水準にある意味で戻った。
ただ、リーマン・ショック前の水準が絶対的に正しい水準であるという根拠も別にあるわけではありませんので、リーマン・ショック後、急速に円高が進み、それがこの三年弱の間に是正をされたということではあると思います。

○前原委員 
図一の下の右のグラフをごらんいただきたいんですが、これは実質実効為替レートというものとドル・円を並べたものでありまして、今、黒田総裁がリーマン・ショック後とおっしゃいましたけれども、プラザ合意あたりからずっと、この実質実効為替レートとドル・円というものをグラフにしたものでございます。
 実効為替レートということは、下にも書いてございますけれども、特定の二通貨間の為替レートを見ているだけじゃなくて、相対的な通貨の実力をはかるための総合的な指標ということで、これは日銀のホームページからとらせていただいたものであります。

 理論的に実質実効為替レートというものを考えたときに、インフレ率が高い国の通貨はインフレ率が低い国の通貨よりも安くなるということでありますので、緩やかなインフレが続くアメリカと、そしてバブル崩壊後以降長引くデフレを長らく経験している日本を比較すると円高に振れるというのは仕方がないわけでありまして、言ってみれば、バブル崩壊後、茶色の折れ線グラフと青の折れ線グラフがある意味で乖離してきているというところの背景がそこにあるということであります。

 実質ということの意味においては、例えば同じ為替レートなら実質的に今のインフレ率というものを勘案すると円安になる、こういうことになるわけであります。

 この相対的な通貨の実力をはかるための総合指標ということを出させてもらったわけでありますが、この実質実効為替レートというものがある意味で一九八五年のプラザ合意前と同水準になったということについてどう評価するかというところの議論をさせていただきたいと思います。
 この点について、黒田総裁のお考えをお聞かせいただきたいと思います。

○黒田参考人 
これはなかなか難しい問題でありまして、委員御指摘のとおり、実質実効為替レートと申しますのは、二国間の為替レートでなくて、多国間のいろいろな通貨との関係を見た上で、普通は貿易ウエートでウエートづけしてやるものが実効為替レートであります。さらに、実質ということは、インフレ率の違いまで考慮したものでございます。

 したがいまして、ある意味でいいますと価格面で見た競争力みたいなもののようにも見えますし、他方では委員御指摘のように実力とも見えるかもしれませんが、いずれにせよ、この指標自体はIMF等が開発して広く使われている指標ではありますけれども、そのときそのときの為替の安定をどのように図るかという問題とか、あるいはそのときそのときの金融政策についてどういう政策をとるべきかということについては、やや迂遠な指標であるということは御理解をいただきたいと思います。

 その上で、確かに、実質実効為替レートで見ますと、今はかなりの円安の水準になっているということは事実でございます。

++++++++++++++++++++++++++

この前も長いですが、この後も延々と質疑が続きます。

これが黒田日銀総裁と民主党の前原議員のやりとりそのものです(一言一句間違っていません)。

辞書を引くと分かりますが、「迂遠(うえん)」とは

「まわりくどいさま。また、そのため、実際の用に向かないさま」

です。
つまり「黒田総裁は実質実効レートなんて役に立たない」と言っています。

ただ、前原議員がチャートを出していたので、「実質実効レートで見ると円安」に見える事を認めただけです。

このやりとりで為替相場が動いてしまったので、次の週の参議院財政金融委員会で、中西議員がこの様なやりとりをしました。

++++++++++2015年6月16日 参議院財政金融委員会++++++++++++++
○中西健治君 
この実質実効為替レートですけれども、これはよく使う人いるんです。使う人というのは、今は表面的には円高に見えるけれども本当は円安だ、だからこれ以上円は安くなっちゃいけない、こんなような円高論者がよく使う指標かなというふうに思います。

市場関係者の中では、エコノミストでは使う人はいますけれども、実際にディーリングを行う人たちは全く見ていないということですし、長期的なものを示すといっても、企業が長期の為替レートを推測するときにもこれは全く使われていないということなんじゃないかと思います。

その中で、この実質実効為替レートについての評価ですけれども、総裁は、迂遠なもの、金融政策を策定するに当たっては迂遠なものという評価をこの間はされていましたけれども、私自身は、もうこれは金融政策を検討する際には一顧だにしないものだということなんじゃないかと思いますが、どのようにお考えになっていらっしゃるでしょうか。

○参考人(黒田東彦君) 
これは日銀総裁としてというよりも、実はこの実質実効為替レートというものが最初に開発されたのがIMFで開発されたわけですね。その当時、私はIMFで勤務しておりましたので、それをめぐる議論とかその論文等を読んだことがあるわけです。

その後四十年ぐらいたって、委員御指摘のとおり、これから何かを読み取るとかするのは非常に難しいものであって、これはやはり、金融政策とかそういうものについては、これがすぐに何か役に立つとか言われても、それは役に立たない。非常に迂遠なものだし、先ほど申し上げたように、為替の動きを占う面でも直接的にこの含意がはっきりしているというものでもありませんので、そういう意味で、私は、理論的なものとしてあるけれども、金融政策との関係ではやっぱり非常に迂遠なものであると思いますが、

ただ、この理論を開発した人を私はたまたま知っておりますので、全く無意味だ、一顧だにするなと言われると、そこまで言う必要はないと思いますが、ただ、金融政策にこれが何か非常に深い意味があるとか縁があるとか、そういうことはないという意味では全く同意見であります。

○中西健治君 
質問を終わります。どうもありがとうございました。

+++++++++++++++++++++++++++++++
色々な修飾語が入っていますが、

「実質実効レートは、金融政策の役に立たない」

と言い切っている事が分かります。

この質疑の後、日銀の国会担当の方が、「真っ当な質疑をして頂いた」と非常に喜んでいました。

つまり、日銀内部では、6月10日の総裁の発言が「誤って」伝わった事自体が問題視されていたと言う事です。

金融市場に明るい中西議員のお陰で、それを「正しく修正する答弁が出来た」ので、総裁以下日銀の皆さんが大喜びした訳です。

中西議員も、前の週のアホな質疑で相場が動いた事に腹を立てていたので、きちんとした質疑が出来た事を喜んでいました。

黒田ラインなんて、いい加減な線を引かないで下さい。


ちなみに「この理論を開発した人を私はたまたま知っておりますので、一顧だにするなと言うと、」と黒田総裁が苦笑いしながら言ったので、委員会室全体が大爆笑となりました。

「一週間の間誤解され続けた後で、ようやく解放された」と言ううれしさが、全身からにじみ出ていましたので、、、

中国経済に関して感じる事

2016.01.25

category : 雑談

私は中国経済の専門家でも、中国政治の専門家でもありません。

ただ、中国の改革開放路線以来の歩みを、一経済人として見続けて来ました。

最近、感じている事を書き留めておきます。昔話が多くなって恐縮ですが、、、

1)経済のかじ取り役の顔が見えない
中国の政治家で「経済」と言えば、鄧小平元国家主席を思い出す方も多いかと思われます。
確かに「改革開放路線」を明確に打ち出し、国家の方向性を変えた訳ですから当然でしょう。

ただ、私にとっては「朱鎔基首相」であり、「王岐山(政治局常務委員)氏」です。

中国の経済体制や経済構造、企業が、様々な矛盾を抱えている事は、当然分かっています。
それでも、この二人が「市場経済」の事を理解している点が、大きな安心感になっていました。

朱鎔基首相は、もはや過去の方です(おそらく90歳が近いでしょう)。
王岐山氏は健在ですが、今は腐敗撲滅運動の方に注力されている様で、経済面には全然出てきません。

今は誰がかじ取りをしているのか、一向に見えて来ません。
これは、中国の様な中央集権型の独裁国家においては、大変な不安材料です。

2)習近平国家主席は経済に興味がない?
習近平国家主席は、着実に権力を把握していると思います。

ただ、これまでの国家主席の様に「市場経済化」「民間部門の成長」を志向しているのか、若干不安があります。
と言うより、あまり「経済」に関する方向性が見えて来ません。

経済問題は二の次三の次ではないか?と言う疑念を市場関係者に持たれている様な気がします。

3)周小川中国人民銀行総裁が目立たなくなった
見識の高い方だと思います。
独立性のない中央銀行の総裁として、大変な苦労があると思います。それでも経済の発展に寄与してきたと思うのですが、最近ほとんど発言をお聞きする事がなくなりました。

政権の経済軽視路線の余波が及んでいる様にも見えます。
年齢的な事もあり、引退モードなのかもしれません。

以上、とりとめがないのですが「どうも経済重視じゃない」と言うところが、根本的なところで中国経済に対する不信感につながっている様に思われます。

知らない市場の事に口を挟むべきではありません

2016.01.25

category : トンデモ予想

三菱UFJ信託銀行の藤島さん、

「8月の上海株の下げは11営業日だった。今回も同様の日数に来た。従って『日柄』から株価が落ち着く」

株式市場でリスクをとったことがおありですか?
これって、

「前回の雨は3日で終わったから、たぶん今回もそろそろあがるだろう」

と言う天気予報よりもひどいですよ。

「EIAの原油在庫統計を受けての原油価格の反発は、積みあがったショートポジションの巻き戻しだ」

すごいチャートをを見ました!!
間違いなく世界初です。

「ヘッジファンドの原油のネットポジション」

一体、そんなものどこで見つけてきたんですか!?

あれ??

これってもしかして、IMMのポジションじゃないですか?

勝手に「ヘッジファンドの」などと名前をつけないで下さい。ただの小口の投資家です。

知らないにもほどがあります。

ちなみに、藤島さんは10月頃に「トンデモ・テクニカル分析」を披露していた方です。

視聴者や個人投資家をあまりにバカにしていませんか?

(原油価格とドルの関係はツイッターのチャートをご参照ください。完全に逆です)

(トンデモ・テクニカル分析です)
(その続編・結果です)
(テクニカル分析で相場を語るのがお好きな様ですが、真面目に取り組んでいる皆さんに失礼だと、、)

過去のツイートの体裁の補正(ほぼ終わりました)

2016.01.23

category : 未分類

結局、手作業になりましたm(__)m
まだ、ダブっていたりしているので、徐々に整備していきます。

過去の記事の日付がうまく反映出来ず、「今日」の投稿になったり1901年の投稿になったりと、、、、、一応、きれいにはなっているはずです。

過去のツイートはこちらです。ツイッターが読みにくいのでブログにした訳ですから読みにくいですよ(苦笑)

外国為替市場って24時間続いているんですが、、、

2016.01.22

category : トンデモ情報

月曜日は中西議員の予算委員会での質疑に加え、大雪対応もあったので朝のTVを見ていませんでした。

「どうせNYは休みだったんで、大した話はしていないだろう」と思いつつも録画を見ていたら、こんなトンデモ映像を見てしまいました。

おそらく東京外国為替市場の値動きだけを「1日」として、海外を一切無視してつないだんじゃないでしょうか?

こんなもので先週一週間の値動きを振り返ったって、、、、、

もしかしたら為替のディレクターがお休みだったんで、株式の担当の方が作ったんじゃないかと(爆笑)

ドル円一週間

専門家の言う「神経質な展開」とは、、

2016.01.22

category : 真っ当な予想・分析

三井住友銀行NYの柳谷さん、
「株価と原油価格の下げが、、、
「リスク回避の円買いが、、、
「ドル円のショートの買い戻しが、、、

「神経質な展開を予想します」

正直な方なんだと思います。おそらくスポット・ディーラーをなさっているのではないでしょうか。
まったく脈絡のない話で理解不能でしたが、柳谷さんはそこを狙っていたんだと思います。

専門家が「神経質な展開」と言った時は、「分からない」と言う意味です。

まさかTVで

「今日の展開なんて分かる訳ないだろ。そもそも、俺は今から家に帰って寝るんだし、、。明日出社したら、また考えます」

とは言えないので、意図的に訳の分からない話をして、暗に「文脈を読んでください」と言う事を伝えようとしたんでしょう。

「神経質な展開」

は、「分からない」を意味する大事な隠語です。覚えておいて損はないですよ。

以上、完全に私の妄想と想像の世界ですが、当たらずと言えども遠からずだと、、、((^┰^))ゞ

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

Copyright ©外国為替市場の不都合な真実. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。