外国為替市場の不都合な真実

ヘッジファンド等のプロのお客さんや同僚のディーラーは、「専門家」の予想を全く聞いていません。メディアに流れている情報は想像と妄想、ねつ造と勘違いばかりです。なぜ皆さんは信じるのですか?

プロフィール

富田 公彦

Author:富田 公彦
中西けんじ参議院議員(自由民主党:神奈川県選挙区)秘書
元JPモルガン・チェース銀行為替資金本部副本部長
1980年東京大学経済学部卒
富士銀行入行(1986年退職)
以後、JPモルガン、モルガン・スタンレー、ステート・ストリートなど米系金融機関に通算26年勤務
2013年金融市場から引退
ケイマン籍ヘッジファンドの経営には失敗(^_^;)シマッタ

<著書>
「なぜ専門家の為替予想は外れるのか」
(経済評論家・山崎元氏の書評)

「為替ディーラーの常識非常識」(共著)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国はサービスが中心になって伸びてきた経済!?

2016.02.03

category : トンデモ情報

新生銀行の政井さん、

「中国と言うのは、サービスが中心となって伸びてきている経済ですから、、、」

えーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ!そんな馬鹿な!!!

一体どこからそんな話が出てきたんですか?

中国が「輸出と投資で伸びてきた経済」である事は、エコノミストでなくても常識です。

この「輸出と投資で成長するモデル」に限界が見えてきたので、今必死になって「消費が経済成長のけん引車となる」様に努力しています。


昨年の6月に政策投資銀行から、

中国経済の「投資から消費へ」の構造転換(日本政策投資銀行2015年6月18日)
と言うレポートが出ています。

その冒頭部分を要約すると

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
1.投資主導高成長の限界
 1-1 これまでは投資主導の高成長

中国経済の成長は、近年7%程度に減速し、いわゆる「新常態(ニューノーマル)」に入った。
ニューノーマルにおいては成長ベースの鈍化だけではなく、投資依存の成長から離脱し、消費の拡大ににより持続的な成長を実現するように成長モデルも変わろうとしている。これまでの中国経済成長の最大のエンジンは投資である。
(中略)
消費の割合が低いと言う事は、成長のポテンシャルがあると言う事でもある
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


さらに、この政策を推進しようとしている李克強首相は、11月の人民日報で「消費中心に変わるのは大変だ」と述べています。

中国経済、消費主導型への転換は痛み伴う道のりに─首相=人民日報
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
[北京 6日 ロイター] - 中国の李克強首相は、6日付の共産党機関紙・人民日報に掲載された文章の中で、中国経済を投資主導型から消費主導型に転換することは痛みを伴う困難な道のりになるとの認識を示した。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

つまり、みんなそろって

「これから消費主導型経済に変わるのだ」

と言っている訳です。

一体、どこをひっくり返して来たら、「サービスが中心になって伸びてきた経済」などと言えるんでしょうね?


この方は、

「52日移動平均線のサポートラインと、高値抵抗線で形成された三角持ち合いを下にブレイクした。従って、ドル円は下落する」

と言う、トンデモ・テクニカル分析を披露した方でもあります。もちろん外れました。


エコノミストやストラテジストは、「テクニカル分析によれば」などと言ったら失業しますので、口が裂けても言いません。
ましてや「中国がサービスで伸びてきた経済」などとは、あまりに非常識ですから逆立ちしても言いません。

ディーラーでもなく、エコノミストでもストラテジストもない方が、どうしてメディアに出て相場や経済を語るんでしょうね?
不思議で仕方がありません。

視聴者のみなさんが、「メディアに出ている人が言っているのだから、、、、」と信じてしまうのではないかと心配です。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

Copyright ©外国為替市場の不都合な真実. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。