外国為替市場の不都合な真実

ヘッジファンド等のプロのお客さんや同僚のディーラーは、「専門家」の予想を全く聞いていません。メディアに流れている情報は想像と妄想、ねつ造と勘違いばかりです。なぜ皆さんは信じるのですか?

プロフィール

富田 公彦

Author:富田 公彦
中西けんじ参議院議員(自由民主党:神奈川県選挙区)秘書
元JPモルガン・チェース銀行為替資金本部副本部長
1980年東京大学経済学部卒
富士銀行入行(1986年退職)
以後、JPモルガン、モルガン・スタンレー、ステート・ストリートなど米系金融機関に通算26年勤務
2013年金融市場から引退
ケイマン籍ヘッジファンドの経営には失敗(^_^;)シマッタ

<著書>
「なぜ専門家の為替予想は外れるのか」
(経済評論家・山崎元氏の書評)

「為替ディーラーの常識非常識」(共著)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ

日銀の政策決定会合を正しい評価をしている日経記事

2015.12.19

category : 真っ当な予想・分析

7:53 - 2015年12月19日
今日の日経新聞朝刊の「総合2」(3ページ目)の日銀に関する記事のタイトルが、「日銀、追加策に動きやすく」は適切だと思います。

先ほどツイートした「露払い」と同じ意味です。後は、いつ動くかなんですが、あまり近いとは思えません。
かと言って伸ばし過ぎると、選挙の直前で余計に動けません

今回の措置は「技術的」な側面が強く、「(債券市場などの)プロ向け」としては、そう悪いものではないかもしれません。

ただ、市場一般、国民一般が相手となると、「政策が小出しになった(戦力の逐次投入)」と言う印象を与えてしまったのではないかと危惧しています。

「景気とは、気分の景色の事だ」等と言う面白いコジツケを言う人がいますが、物価に関しても「気分」に依存するところが大です。

「インフレ期待を下げない」とは、インフレに対する「気分を下げない」ですよね。日銀は今回「対話」に失敗したのではないでしょうか?
スポンサーサイト

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

Copyright ©外国為替市場の不都合な真実. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad