外国為替市場の不都合な真実

ヘッジファンド等のプロのお客さんや同僚のディーラーは、「専門家」の予想を全く聞いていません。メディアに流れている情報は想像と妄想、ねつ造と勘違いばかりです。なぜ皆さんは信じるのですか?

プロフィール

富田 公彦

Author:富田 公彦
中西けんじ参議院議員(自由民主党:神奈川県選挙区)秘書
元JPモルガン・チェース銀行為替資金本部副本部長
1980年東京大学経済学部卒
富士銀行入行(1986年退職)
以後、JPモルガン、モルガン・スタンレー、ステート・ストリートなど米系金融機関に通算26年勤務
2013年金融市場から引退
ケイマン籍ヘッジファンドの経営には失敗(^_^;)シマッタ

<著書>
「なぜ専門家の為替予想は外れるのか」
(経済評論家・山崎元氏の書評)

「為替ディーラーの常識非常識」(共著)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予想なんてやらない方が良いですよ

2015.12.16

category : トンデモ情報

7:22 - 2015年12月16日
「テーパリング(量的緩和策の縮小)は、本来リスクオフです」

え?景気が底割れしない事が確認できたから、緊急対策である「量的緩和策」を縮小したんじゃないですか?

その論理だと「利上げでリスクオフ」ですね?

変だな。景気の遅行指標である雇用まで改善したから利上げするんでしょ?

今日の「専門家」は、皆さんの参考になる良い話もしていました。真っ当な分析の出来る方だと思います。

どうして予想等と言う余計な事をしたんでしょう?

本当は、冒頭に「今日は出たとこ勝負」「短期の予想は十人十色」と発言したところで、スタジオを出て帰りたかったのではないかと思います。

まあ本にも書きましたが、「予想は会社の宣伝の為にやるもの」です。

宮仕えの会社員としては、断る訳にはいかなかったんでしょうね。

海外のストラテジストは「一匹狼のプロ」ですから、自分の評価を下げかねない依頼は、間違いなく断りますが、、、、
スポンサーサイト

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

Copyright ©外国為替市場の不都合な真実. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。