外国為替市場の不都合な真実

ヘッジファンド等のプロのお客さんや同僚のディーラーは、「専門家」の予想を全く聞いていません。メディアに流れている情報は想像と妄想、ねつ造と勘違いばかりです。なぜ皆さんは信じるのですか?

プロフィール

富田 公彦

Author:富田 公彦
中西けんじ参議院議員(自由民主党:神奈川県選挙区)秘書
元JPモルガン・チェース銀行為替資金本部副本部長
1980年東京大学経済学部卒
富士銀行入行(1986年退職)
以後、JPモルガン、モルガン・スタンレー、ステート・ストリートなど米系金融機関に通算26年勤務
2013年金融市場から引退
ケイマン籍ヘッジファンドの経営には失敗(^_^;)シマッタ

<著書>
「なぜ専門家の為替予想は外れるのか」
(経済評論家・山崎元氏の書評)

「為替ディーラーの常識非常識」(共著)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これなら毎日電話してお話を、、、

2016.01.27

category : 真っ当な予想・分析

ソシエテ・ジェネラル銀行の鈴木さん
久々に真っ当な分析と解説、それにちょっぴり予想(注意点)をお聞きしました。

(アナウンサー)「昨日の相場は?」
(鈴木さん)  「上海株が、原油が、、、ああだこうだ」

要するに、「よく分からない」と言う事です。

一応メディアに出ているので「分からない」とは言いにくいので、ゴニョゴニョおっしゃっていましたね。
でも、変なへ理屈を引っ張り出して来て、分かった様な解説をするより正しい姿勢だと思います。

そのトンデモ分析が、聞いてしまった方の相場観を狂わせる可能性がありますから、、、

(アナウンサー)「今日は?」
(鈴木さん)  「FOMCの声明が控えており、東京、欧州は様子見で動かない」

現時点では、これ以上の事を言ったらウソつきになってしまいます。
おそらく前線でリスクをとったか、厳しいお客さんと対峙した事がある方ですね。

この後は、先日のECBの予告ホームランじゃなかった予告緩和が出た事で、日銀とFRBの出方に「より注目が集まっている」事を簡潔に整理して説明していました。

おそらく市場関係者にとっては当たり前かもしれませんが、視聴者の方の頭の整理の為にまとめて示しておくことは有益だと思います。

次の「FRBの利上げの織り込み度の変化」も、プロの間では常識でしょう(引退したオッサンでも知っていますから)。

ただ、きちんとこう言う形で示す事は、視聴者のみなさんにとって親切だと思います。

「ここまで利上げ期待が下がっている場合、今後のアメリカの経済指標が好転するとポジティブ・サプライズでドルが買われる要因になる」

はい。おっしゃる通りです。経済指標は、依然としてマチマチですので、可能性として頭の中に入れておくべき事だと思います。


メディアは、こう言う解説や分析をしてもらう為に「専門家」を呼んでいるはずだと、、、、
スポンサーサイト

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

Copyright ©外国為替市場の不都合な真実. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。