外国為替市場の不都合な真実

ヘッジファンド等のプロのお客さんや同僚のディーラーは、「専門家」の予想を全く聞いていません。メディアに流れている情報は想像と妄想、ねつ造と勘違いばかりです。なぜ皆さんは信じるのですか?

プロフィール

富田 公彦

Author:富田 公彦
中西けんじ参議院議員(自由民主党:神奈川県選挙区)秘書
元JPモルガン・チェース銀行為替資金本部副本部長
1980年東京大学経済学部卒
富士銀行入行(1986年退職)
以後、JPモルガン、モルガン・スタンレー、ステート・ストリートなど米系金融機関に通算26年勤務
2013年金融市場から引退
ケイマン籍ヘッジファンドの経営には失敗(^_^;)シマッタ

<著書>
「なぜ専門家の為替予想は外れるのか」
(経済評論家・山崎元氏の書評)

「為替ディーラーの常識非常識」(共著)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

べき論予想の恐怖

2016.01.28

category : トンデモ予想

野村證券の池田さんは、先日「円安派」としてテレビに登場していました。

(円高派佐々木(JPモルガン・チェース)Vs.円安派池田(野村證券)

このブログで、

+++++++++++++
池田さん 「議論がしたかった。有益だった!」

無意味な議論です。スポーツをやっている訳ではありません。

視聴者や顧客がリスクを取る話です。

ストラテジストはリスクを取らないとは言っても、予想を出すからには、当てないと「有益」などとは言えません。
++++++++++++++

と批判したのは、「べき論」予想の危険性を強く感じたからです。

その予感は間違っていませんでした。

つい2週間ほど前に「2016年末 135円」と出したばかりなので、引っ込みがつかない様です。

一旦予想を出した後でも、その後の状況の変化に柔軟に対応して、「当たる予想」を目指すべきだと思いますが、、、
(そもそもこんな長期予想は出すべきではありませんが)

(2015年末予想の結果と2016年末の予想)

昨日発表のFOMC声明文に関しては、一言「ハト派的」と言っただけでオシマイ。ドル高円安派としては、「タカ派的」でないと都合が悪いからですね。

後はひたすら

「どうすればドル高円安になるか」

と言う話に終始しました。

典型的な「べき論」予想です。

「明日日銀の追加緩和があれば、120円を超え130円に向かう。無ければ115円~120円のレンジに留まる」

何の意味もない発言です。

昨日、ソシエテ・ジェネラル銀行の鈴木さんがまとめていた様に、ECBの予告緩和が発表になった事で、その後のFOMC、さらには日銀の政策決定会合と言う連続が強く意識される様になっています。

従って、ストラテジストは、

「FOMCの声明文が発表された現時点で、日銀の追加緩和の可能性に変化が出たのかどうか」

について、ご自分の見解・分析を明確に示すのが今朝の重要な仕事だったはずです。

<おまけ>
「原油価格の上昇が、ドル円の上昇につながる」

とおっしゃいましたが、私が知る限りでは

「長期的には原油価格とドルは逆相関、または相関関係は無い」

と言うのが、原油の世界のプロの常識です。

ちなみに、私は現役時代に、「原油価格が〇〇なので、ドルは、、、」と語った記憶はありません。
知らない市場と為替との「因果関係」なんて、怖くて語れませんでしたから、、、
スポンサーサイト

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

Copyright ©外国為替市場の不都合な真実. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。