外国為替市場の不都合な真実

ヘッジファンド等のプロのお客さんや同僚のディーラーは、「専門家」の予想を全く聞いていません。メディアに流れている情報は想像と妄想、ねつ造と勘違いばかりです。なぜ皆さんは信じるのですか?

プロフィール

富田 公彦

Author:富田 公彦
中西けんじ参議院議員(自由民主党:神奈川県選挙区)秘書
元JPモルガン・チェース銀行為替資金本部副本部長
1980年東京大学経済学部卒
富士銀行入行(1986年退職)
以後、JPモルガン、モルガン・スタンレー、ステート・ストリートなど米系金融機関に通算26年勤務
2013年金融市場から引退
ケイマン籍ヘッジファンドの経営には失敗(^_^;)シマッタ

<著書>
「なぜ専門家の為替予想は外れるのか」
(経済評論家・山崎元氏の書評)

「為替ディーラーの常識非常識」(共著)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Brexitで世界経済に大打撃?!

2016.06.20

category : お役立ち?情報

+++++++++
選挙で忙しくて細かく相場を見ていませんし、海外のネットワークから情報を集めたり指標の分析などもしていません。従って、この見解が正しいと主張するつもりはありません。ただ、長年国際金融の現場にいた人間として、どうも違和感があるので、、、、
+++++++++

「Brexitになったら、世界経済に大変な悪影響が出る」 と、しきりと唱えている専門家がいます。

まあ、長年培ってきたEUとの関係が変わる訳ですから、平穏無事とはいかないでしょう。細かい問題点を挙げていけば、いくらでも出てきます。
「人間が犬に噛みついた」 話を追いかけるのがメディアの宿命ですから、「大変だ!大変だ!」 と言う報道が幅を利かせるのはいたしかたありません。

しかし、専門家たるものもう少し冷静な議論が出来ないのでしょうか?

EUには加盟していますが、イギリスの通貨はユーロではありません。これは非常に大事なことです。

独立した通貨を持っていますから、自由な金融政策をとる事が出来ます。リーマンショックの時に、ユーロ圏はマネーサプライを2倍にしか出来なかったのに、イングランド銀行は5倍に増やして乗り切りました。
金利だって、他の国の顔色をうかがわずに、自国の状況に最適な形で動かすことが出来ました。

あの時、ギリシャや南欧諸国などの事を考えれば、ECBはマネーサプライを5倍に増やしても足りなかったはずです。しかし、ドイツなどとのバランスで2倍に留めたと言う事です。金利はもっと思い切って下げるべきでした。

しかも驚くべきことに、2007年のパリバショック以降怪しい雰囲気が漂っていたのに、2008年7月(リーマンショックのたった2か月前)には 「引き締め」 ています。私は、これがギリシャ危機、南欧諸国の危機につながったと個人的に考えています。

独自の通貨を持たず、自国の経済情勢に合わせて金融政策をとれない悲劇です。

Brexitになろうがなるまいが、イギリスはこれまでと同様に独立した金融政策をとれます。財政政策はもちろん独立しています。つまり、マクロ経済政策的には 「何も変わらない」 と言う話です。


「英ポンドが暴落して大変なことになる」

ご冗談を(爆笑)

80円から125円まで円が大暴落して、日本経済や世界経済は壊滅しました?経済以前に歴史の勉強が足りませんよ。

イングランド銀行がERMと言う今のユーロの前身である固定相場システムから離脱したおかげで、イギリスは金融政策の自由を取り戻し繁栄しました。

こんなハルマゲドン・シナリオを唱えて、一般の皆さんの不安をあおるのは専門家の仕事ではないはずです。

「金融センターがロンドンから大陸 (フランクフルトやパリ) に動く?!」

現場を知らない方の妄言です。国際金融は徹頭徹尾 「英語」 の世界です。

Brexitによってロンドンが数千キロの彼方に引っ越してしまって、とんでもない時差が発生するならともかく、ドーバー海峡を挟んだところから動くことはありません。

ドイツ語やフランス語の都市の出る幕はありません。

スポンサーサイト

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

Copyright ©外国為替市場の不都合な真実. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。