外国為替市場の不都合な真実

ヘッジファンド等のプロのお客さんや同僚のディーラーは、「専門家」の予想を全く聞いていません。メディアに流れている情報は想像と妄想、ねつ造と勘違いばかりです。なぜ皆さんは信じるのですか?

プロフィール

富田 公彦

Author:富田 公彦
中西けんじ参議院議員(自由民主党:神奈川県選挙区)秘書
元JPモルガン・チェース銀行為替資金本部副本部長
1980年東京大学経済学部卒
富士銀行入行(1986年退職)
以後、JPモルガン、モルガン・スタンレー、ステート・ストリートなど米系金融機関に通算26年勤務
2013年金融市場から引退
ケイマン籍ヘッジファンドの経営には失敗(^_^;)シマッタ

<著書>
「なぜ専門家の為替予想は外れるのか」
(経済評論家・山崎元氏の書評)

「為替ディーラーの常識非常識」(共著)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一年の計は「年末」にあり!?

2015.12.28

category : トンデモ予想

FPG証券の深谷さん
(アナ)   「年末年始の注目ポイントは?」
(深谷さん)「来年1年間の動きを示す。来年ドル高円安と見ていれば、ドル売りからは入らないからだ」

なんのことやら(笑)。

1年先の相場観で、今日明日のポジションを張る投資家や投機家はいません。

リスクをとった事の無いから言える発言も、ここまで徹底すれば、もはや怒りや呆れを通り越して感心します。スゴイの一言です。

(深谷さん)「2012年初だけは80円トライだったので円高ドル安だった。しかし、その後は年初の円安ドル高がその後の、、、」
CXROpgLUwAANC24_convert_20160119130023.jpg

こう言うのを「後講釈」」と言います。

5年分が1枚になって、細かい動きが分からないチャートを持ち出して、結果論だけをくっつけてどうするんでしょう?

2012年初の動きが、外れた理由を示さないと、その後が「結果的に当たった」理由も不明です。

一切言及されなかったのですが、丁度IMMのポジションを示してくれているので一言。

「まったく無視してよい」ものである事が分かりますよね?

よく不勉強な「専門家」が「投機筋の動向を示しており、、」と言いますが、相場の動向にはまったく関係はありません。

クジラ級のヘッジファンドが、あんなタライの様なところを泳ぐことはありません。

「投機筋」には間違いありませんが、アメリカのローカルな小口の投機家の遊び場です。世界は広いですよ。

日本の金融機関やメディアが知らない色々な投機家が、もっとウジャウジャ歩いています
スポンサーサイト

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

Copyright ©外国為替市場の不都合な真実. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。